HOME

青春純愛SFサスペンス「女子の体育」台本

   ナレーター        吉井と長野が加わることが正式に決まった。なお吉井は事務職もやっていた経験を生かし、生徒兼事務として通常は事務の大多喜のサポートに回り、たまには行動する。
長野はみんなと行動する。
吉井珠理奈は身長171cm 体重52kg サイズは上からB87W61H89。プロレスのために体重を増やしていて、ベストは47〜48kg
長野樹里菜は身長165cm 体重45kgサイズは上からB84W58H85。
大学生時代エロ本の素人ヌード企画に出てTバックを食い込ませ過ぎてヘアどころかアナルが見えてしまい、大目玉の武勇伝も。

   吉井珠理奈(22)        吉井珠理奈と言います。今日の試合に出ていましたが、高校時代坂城さんが体育担当で、こんな所でお会い出来るとは思いませんでした。坂城さんや沢口さんの計らいで今回ここでやらせて頂けることになり、大変嬉しく思います。
よろしくお願いいたします。

   長野樹里菜(23)        長野樹里菜と言います。マットフェチで走高跳や器械体操とかもマットに埋まる感触と臭いマットの匂いや食い込んでるマットのシワが好きでやっていたような人ですが、沢口さんと芦屋さんのおかげで今回加わていただけると言う運びになりました。よろしくお願いいたします。

   ナレーター        夕食に戻る。
夕食は仲間に加わった2人のプチ歓迎会となった。夕食後みんなでワインバーで二次会も。
吉井と長野は早速来週から活動開始する。
来週予定も説明され、火曜日までお休み(週末から次の火曜まで祝日の連休) 水曜〜金曜日はバレーボールの集中練習と決まった。

   ナレーター        翌朝、彼女ら(倉持ら20数人)は校庭に集合している。時間は午前6時、早朝ジョギングをするそうだ。 (Master)

   ロボット軍団員T        攻撃、開始!

   ナレーター        午前6時を期して、ロボット軍団が早朝ジョギングをする倉持ら20数人に、攻撃を開始した。

   ナレーター        元に戻してやり直し。



倉持たちはこの日は月曜日でなおかつ祝祭日だが朝5:30起床。海外まで約3Kmのランニング。日の出を見に行った。
再びランニングして学校に戻って朝風呂の後体操着にブルマーのまま朝食。

   ナレーター        訂正。

倉持たちはこの日は月曜日でなおかつ祝祭日だが朝5:30起床。海岸まで約3Kmのランニング。日の出を見に行った。
再びランニングして学校に戻って朝風呂の後体操着にブルマーのまま朝食。
(Master)

   ナレーター        その後、倉持達は各自自由時間。その中でも栗野・鈴川・安西・吉田・芦屋の5人は、学校の屋内プールで泳ぐ。 (Master)

   ナレーター        これらの5人は理由があった。学校に新しい水着を入れる試着をかねていた。
加えて吉田 野原 宮前 恋は新しく器械体操部に入るレオタードの試着を練習場で一通り種目を試技して試していた。
山下は新しい陸上用セパレーツを吉井と長野と一緒に試していた。
山下と長野は走高跳と棒高跳で、吉井はトラックで実際に試技して試す。
残りは校内一斉清掃を午前中やる。

   ナレーター        陸上は新しい陸上のセパレーツの試着での試技だけではなかった。
届いたのが女子プロレスが終わった日曜日の夜だったために土日の女子プロレスには間に合わなかったが、
走高跳のマットを体育メーカーで特注で作らせた。
中のスポンジの半分に器械体操のセーフティーマットと同じスポンジを入れてさらに着地で全身が
マットに埋まりやすくさせたもので、次回陸上競技の体育授業で使いたいつもりだ。
他は全員学校内の清掃。

   ナレーター        ・・・因みに言い忘れたが、水着は無論学校指定のスクール水着である。 (Comment)

   ナレーター        今回から色が少し明るい紺になり、右側の胸元には「青 蘭」の2文字が付く。

   ナレーター        もとい。

何度も言うが、学校指定のスクール水着は、水抜のないオーソドックスなUバックのワンピースタイプである。
(Comment)



登場人物: 投稿者名:  
   
 新たな登場人物を登場させる場合はこちらに記入→ 


▲ドラマの続きを書いて下さ〜い。
▲「お名前」は省略可能です。
▲「今までのストーリーを見る」ボタンを押下しますと、今までの投稿内容が表示されます
▲新しい登場人物を投稿者が登録出来る事が出来ます。
▲1ページに15件だけ表示されます

No Pass
Produced by クエス   doramanbo Ver0.541 Created by Tacky